Everything is up for debate

FPの知識や本から学んだことのアウトプット

複数の自分を使い分ける

「オンリーワン」や「自分らしく生きよう」って言葉が言われすぎて、逆に居心地が悪く感じる。

 

仕事の自分は、真面目だけど、趣味のコミュニティーではお調子者、家だと怠け者みたいな方がラクだし、それはそれで自分らしいとも思う。

 

要するに所属する環境に合わせて複数の自分を使い分ける方が自然だし、その全てが「ほんとの自分」である。

 

だから、これからの世の中を自分らしく生きていくためには会社や家族以外の複数のコミュニティに所属している方が良い。

 

趣味、自己啓発、ビジネス、ボランティアなど。 その各々コミュニティで役割が与えらると思う。

 

今までは会社という絶対的なコミュニティに所属さえしていれば、安定した生活や老後が約束されていた。

 

会社に行けば、嫌なこともあるが、ある程度の生活を約束され、役割を与えてくれるので、そこに自分自身の存在意義を見いだせていた。

 

しかし、世の中の変化により、会社というコミュニティが多くの社員を守り抜く力を失った今、自分自身の人生をもう一度真剣に考える機会が必要にやってきている。

 

日常のコンフォートゾーン(快適な空間)から一歩外に出るだけで、違った世界や価値観に巡り合える。 最初の一歩は勇気のいるものだと思う。

 

このまま今までと同じ日常を歩んでいく方がラクだし、面倒でないのも、間違いない。

 

ただ行動を起こした人だけが出来る経験や見れる景色がある事も事実だ。

 

自分らしく生きるために、新しい場所へ参加する習慣をつけよう。